プラセンタと女性ホルモンの関係

プラセンタと女性ホルモンの関係

 

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、体調不良やイライラ感や不安感など様々な形で影響が出てしまいます。
ある一定の年齢になれば、避けては通れない「更年期」の時期が必ずあります。

 

それは、卵巣機能が低下することによって女性ホルモンの分泌量が減り、女性ホルモンバランスが崩れることで起こります。
暑くもない気温でも汗が出てきたり、顔のほてりや耳鳴りなども起きます。また吐き気や頭痛など本当に煩わしく、悩ましい状況になるかと思われます。

 

この「更年期」の症状にもプラセンタは有効であると考えられています。
実際に「更年期障害」の治療薬としても活躍していますので、医療の世界でもお墨付きといっても良いかもしれません。

 

またプラセンタには女性ホルモンが入っていると誤解している方もいるようです。
プラセンタは確かに「胎盤」から作られていますので、そういったイメージが湧きやすいとは思いますが、女性ホルモンは入っていません。
しかしながらごく稀に、そういった状況になる方もいるようです。

 

プラセンタは注射や点滴でも俗にいうホルモン注射や点滴とは違い、全く女性ホルモンは入っていません。
効能として「ホルモンバランスを整える」という作用があり、月経不順や生理痛の軽減などに効果を得ることもできます。

 

また、女性ホルモンバランスが崩れる理由として、過度なダイエットや睡眠不足、ストレスなども考えられます。
そういったストレスやストレスから来る不眠などの症状もプラセンタは改善する効能を持っています。

 

冒頭でお伝えした女性ホルモンが減少することで起こる「更年期障害」も女性ホルモンをプラセンタで補うのではなく、
プラセンタの効果によって、活動が停滞した卵巣機能を活発にして女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌を促進する作用があり、
それによりPMSサプリ通販ランキング症状が軽減するといったことになります。

 

また美容にも効果があるわけですから、アンチエイジングといったことも同時にカラダには起こってきます。
肌がすべすべになったり、ハリが出てきたり、関節リウマチの症状の緩和などにも期待ができます。

 

またプラセンタには、ホルモンバランスの整えると同時に自律神経の乱れも調整してくれます。
女性ホルモンが調整される場所は、自律神経を司る場所と同じく、大脳の視床下部にあり、
女性ホルモンのバランスが崩れることにより、自律神経にも影響を与えています。

 

生理前に不安が高まったり、イライラするといった症状が出やすくなるのはこのためです。
どちらのバランスも調整してくれるので、女性にとってはとてもありがたい効能だといえます。

関連ページ

34歳やっぱり洗顔が一番大事
34歳やっぱり洗顔が一番大事
コラーゲン効果は30代でもあるのか?
コラーゲン効果は30代でもあるのか?
肌荒れにはセラミドの補給がおすすめな理由とは
肌荒れにはセラミドの補給がおすすめな理由とは